FTM(性同一性障害)の性別変更までの治療の流れ

こんばんは!ともです(*^-^*)

自分はFTM(性同一性障害)だと感じていて、この先男性ホルモン注射や性別適合手術、戸籍の性別変更までしたいけど、何をどうやって進めていったらいいのかわからない・・・。

色々ネットで調べればわかることではありますが、あまりにも情報が多すぎてごちゃごちゃしてわかりづらいのも現状です。

なので、性同一性障害に関する診断と治療のガイドラインに沿った方法で、ご紹介しますね♪

 

まずはカウンセリングの病院(メンタルクリニック)へ

「FTM(性同一性障害)かも・・・。」

こう感じたら、まずはファーストカウンセリングの病院(メンタルクリニック)を受診しましょう。

カウンセリングを受診して、FTM(性同一性障害)であるかどうかの診断をしてもらうためです。

もし、この先男性ホルモン注射や名前の変更、性別適合手術、戸籍の性別変更を考えている方は、性同一性障害の診断書が必ず必要になります。

インターネットで探せば、カウンセリング可能な病院の情報も見つけられると思います。

こちらの記事に病院検索が出来るサイトを載せておきましたのでぜひごらんください(^^)v

出来れば、GID専門医やGID外来がある病院だといいですね。

もし、あなたが住んでいる地域で、カウンセリング可能な病院の情報が無ければ、冊子のタウンページ、あるいはiタウンページで、まずは大きな大学病院や総合病院などに電話をかけて、性同一性障害のカウンセリングをしてくれるかどうかを問い合わせてみて下さいね。

検索する時は、メンタルクリニックで検索してみてください。

大きな病院ですと、受診する科は「精神科」になります。

すぐには見つからなくても、地道に探してみて下さい。

お住まいの地域に性同一性障害のカウンセリングをしてくれる病院(メンタルクリニック)がなければ、近県の病院を探してみるのもアリです。

病院にもよりますが、だいたい3~4回ほど受診すると性同一性障害の診断書をいただけます。

カウンセリングのイメージ画像

セカンドのカウンセリング(メンタルクリニック)を探す

ファーストカウンセリングが終わったら、次はセカンドオピニオンです。

ガイドラインによると、性同一性障害の診断は医師2人の診断が必要となります。

なので、ファーストカウンセリングが終わったら、セカンドオピニオンの医師を探しましょう。

とはいえ、たいていファーストカウンセリングの医師がセカンドオピニオンの医師を紹介してくれます。

もしもファーストカウンセリングの医師がセカンドオピニオンの医師を紹介してくれない場合は、上記にもリンクしてある病院検索サイトでお近くの病院(メンタルクリニック)を探してみてくださいね!

あるいは、冊子の電話帳やiタウンページでメンタルクリニックで探してみてください。

問い合わせをする場合は、性同一性障害のファーストカウンセリングは終了していて、ファーストカウンセリングでの診断書はいただいており、セカンドオピニオンで受診したい旨を伝えるとスムーズだと思います。

セカンドオピニオンは、こちらも病院にもよりますが、だいたい2~3回程度の受診で性同一性障害の診断書をいただけます。

カウンセリングについての詳しい内容は、こちらの記事にも書いてありますので参考になればうれしいです☆

 

男性ホルモン注射を打ってくれる病院を探す

性同一性障害のファーストカウンセリング、セカンドオピニオンが終わり、性同一性障害の診断書と意見書をいただいたら、次のステップとして男性ホルモン注射を打ってくれる病院を探しましょう。

ファーストカウンセリング、セカンドオピニオンの病院を探す時と同じように、男性ホルモン注射を打ってくれる病院を探すといいです(・∀・)

探し方としては、病院検索サイトで探す、冊子の電話帳やiタウンページ、または友達や知り合いが受診している病院でもいいでしょう。ネットでの情報収集でもOK。

男性ホルモン注射は、泌尿器科や婦人科・産婦人科であれば取り扱っています。

ですが、FTMの場合、婦人科や産婦人科だと、 周りが女性ばかりで行きづらいと感じる方も多いと思いますので、 そう思う方は、泌尿器科を探してみましょう。

カウンセリングの病院でもホルモン注射をしてくれる病院もありますので、あなたが通いやすいのであれば、カウンセリングに引き続き、その病院で男性ホルモン注射を打ってもらってもいいですね。

男性ホルモン注射は、この先ずっと打って行くものですので、 なるべく手間や費用をかけない為にも、自分が通いやすい場所の病院(自宅近くや通勤途中、職場や学校の近く)がいいです。

 

男性ホルモン注射を打つのと同時に名前の変更もするとラク

僕の場合なんですけど、男性ホルモン注射を打ち始めると、外見が男性化するため、女性名のままだと、外見と名前にギャップがあっていちいち性別を確認されたりするのが面倒だったので、男性ホルモン注射開始と同時に名前の変更の申し立てもしました。

その方が、外見と名前のギャップがなくて、性別の確認をされることもなく、後々ラクに過ごせます♪

人それぞれタイミングもあるとは思いますが、早めに名前の変更を済ませておくと、例えば就職、転職の際も本名だと女性の名前なので、通称名(これから変更したいと思っている名前)を使わせて欲しい、などと言わなくて済むのでスムーズです。

また、ホルモンを打ち始めたら、 定期的にきちんと血液検査もしましょうね。

健康を損ねると、男性ホルモン注射を継続することや、性別適合手術も出来なくなっちゃいますから。。。

性同一性障害の方の名の変更(改名)手続きについてはこちらに詳しく書いてあります。

 

性別適合手術、その他の手術(乳腺摘出手術)への準備

男性ホルモン注射を開始したら、次は性別適合手術や、乳腺摘出手術への準備、情報収集をするといいですね。

戸籍の性別変更をするためには、

  • 乳腺摘出手術
  • 子宮卵巣摘出手術

この2つの手術を終えている必要があります。

乳腺摘出手術と子宮卵巣摘出手術は同時に行うことも出来ますが、別々に行うことも出来ます。

(現在のところ、乳腺摘出手術と子宮卵巣摘出の同時手術はタイでの同時手術がメインで行われています)

仕事の都合やお金の都合もありますから、まず先に乳腺摘出手術だけ終わらせる方や、一度の手術で戸籍の性別変更まで可能である乳腺摘出手術と子宮卵巣摘出手術を同時に終わらせる方もいます。

また、タイのヤンヒー国際病院での手術では、乳腺摘出手術のみの場合、男性ホルモン注射を開始していなくても手術が可能です。

子宮卵巣摘出のみ、および乳腺摘出手術と子宮卵巣摘出手術の同時手術を受ける場合、最低でも6ヶ月以上継続して男性ホルモン注射をしている必要があります。

上記のように、手術を受けるにも条件がありますので、それぞれの生活スタイルに合わせて手術をすればいいと思います。

FTMがタイで性別適合手術(SRS)する時の費用についてはこちらに詳しく書いてあります。

researchのイメージ画像

 

戸籍の性別変更申立て

無事に性別適合手術を終えたら、お住まいの管轄の家庭裁判所へ戸籍の性別変更の申立てをします。

お住まいの管轄の家庭裁判所に、必要書類をそろえて申立てをします。

必要なものとしては、

  • 申立書 (裁判所のHPより、ダウンロード可能です。)
  • 戸籍謄本・改製原戸籍・除籍謄本等
    申立人の出生時から現在に至るまでの連続した戸籍謄本が必要です。わからない場合は、区役所等の戸籍係にその旨を相談して取り寄せてくださいね。
  • 性同一性障害の診断書 (原本の提出を求められますので、余分にコピーを取って保管しておいた方がいいです。)
  • 手術証明書(海外で手術を受けた場合は、手術証明書の翻訳文も必要)
    執刀医が記載したもの。こちらも原本の提出が求められますので、コピーして保管しておいた方がいいです。
  • 申立て事情説明書 (これは確か、裁判所から用紙をもらって記入しました。)

必要な費用としては、

  • 収入印紙 800円分
  • 郵便切手 1850円分

こちらは両方裁判所の売店で買えますので、事前に用意していく必要はないです。

管轄の裁判所によって用意するもの・費用などは若干違う場合もありますので、申立てをする前に、必ず管轄裁判所へ問い合わせをして下さいね。

申立てそのものはそんなに時間はかかりませんが、戸籍の性別変更許可の通知が来るまで、僕の場合(千葉家庭裁判所松戸支部)では約2週間ほどかかりました。

僕の知っている限りでは、申立てから3日程度で性別変更許可された方もいます。(ちなみに川崎の家庭裁判所です)

戸籍の性別変更についての詳しい内容はこちらの記事に書いてあります。

 

まとめ

FTM(性同一性障害)の性別変更までの治療の流れとしては、

① ファーストカウンセリングの病院(メンタルクリニック)を探して受診。

② セカンドオピニオンの病院(メンタルクリニック)をファーストカウンセリングの医師から紹介していただくか、自分で探して受診。

③ 男性ホルモン注射を打ってくれる病院を探して受診。この時、名前の変更の申立てをすると後で楽チン。

④ 性別適合手術やその他の手術(乳腺摘出手術)を受ける準備。

⑤ 戸籍の性別変更の申立て。

といった流れになります。

各項目ごとに、詳しい内容については記事にしてありますので、よかったらぜひお読みになって参考にしていただければうれしいです(^o^)丿

 

Don't worry be happyのイメージ画像

 

==========

もう女性として生きるのはウンザリしていませんか?
自分の性別を偽って過ごすことに限界を感じていませんか?
このような方へ向けて相談カウンセリングを行っております。
これからの人生、ありのままのあなたで、堂々とスッキリした気持ちで過ごせるようになりますよ!

==========

LINE@をフォローしていただくと、LINE@の友だち追加してていただいた方へ、僕の実体験を通して、感じた事や思った事をリアルに書いた小冊子をプレゼントしています。

小冊子の詳細はこちらをクリック☆

不定期でFTMの方に役立つ情報やイベントなどの情報も最優先でお届けします。

友だち追加

==========

ご感想、ご質問はこちらへ
ブログや小冊子へのご感想、カウンセリング、ホルモン注射、手術についてなどのご質問がありましたらお気軽にお届けくださいね☆彡

直接のご返信はできませんが、すべて大切に読ませていただいています。

また、頂きましたご感想、ご質問には、LINE@やブログで匿名にてご返信させていただくことがありますのでご了承ください。

email : ftmthreepeace☆gmail.com (☆を@に変えてくださいね)

 

Facebookはこちら 友達申請大歓迎♪
Twitterはこちら フォローしてね☆彡
Instagramはこちら 僕の好きなモノ載せてマス★

 

★フェイスブックに秘密のページを作りました。みんなで楽しく自分らしい生き方をゲットしませんか?

Facebookグループへの登録はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です