性同一性障害(FTM)の診断テストとチェックすること~FTMの特徴~

こんばんは!ともです(^-^)

僕の実体験を通して、感じた事や思った事をリアルに書いた小冊子をプレゼントしています。
小冊子プレゼントは、こちらのLINEで友達になってくれた方のみが対象です。
いますぐ、LINEでお友達になる↓↓↓↓↓
友だち追加

小冊子の詳細はこちらをクリック☆

僕がお受けするご相談に、

「FTMなのかどうか、よくわからなくて・・・。」

という方がいらっしゃいます。

「女性」として生きることには抵抗があって、でも本当に男として生きていきたいのか、ご自身でもわからない・・・。

そんな風に感じたら、次のことをチェックしてみるといいです。

もしもこんな風に感じたら性同一性障害(FTM)かも知れないですね

  • 好きになる子は女性。(全ての人が女性を好きになるとは限らないけどw)
  • スカートは履きたくない。
  • 化粧はしたくない。
  • 下着も男性物がいい。
  • 胸があることに嫌悪感がある。
  • 生理になることがとても憂鬱。
  • 男性のように低い声になりたい。
  • 男性のように筋肉質になりたい。
  • 「女の子らしくした方がいいよ」と言われるとイヤな気持ちになる。
  • 洋服はメンズ服しか着ないし、メンズ服しか着たくない。
  • ヒゲを生やしたい。
  • もっと男性のように体毛が欲しい。
  • 性別適合手術をして、戸籍を男性戸籍に変更したい。
  • 名前を男性名に変更したい。
  • もっと身長が高くなりたい。
  • かわいいと言われるより、かっこいいと言われた方がうれしい。
  • 女性トイレには入りたくない。
  • 海やプールへ行きたいが、女性用の水着を着るのは抵抗があるので行かない。

などなど、他にも色々ありますが、もしも上記のことを感じるようであれば、性同一性障害(FTM)かもしれません。

 

では、性同一性障害(FTM)かも、と感じたらまずはどんな行動をすればいいのでしょうか。

性同一性障害(FTM)かな、と感じたらすること

  • 生命保険や医療保険に加入していない人は加入する。

参考記事:FTM(性同一性障害)の生命保険・医療保険加入は可能?

 

  • 性同一性障害(FTM)の診断書取得のためのカウンセリングの病院を探し、受診する。

参考記事

FTMが性同一性障害の診断書取得のためのカウンセリングについて

 

  • 性同一性障害(FTM)の診断書を取得したら、希望であれば病院を探して男性ホルモン注射を開始する。また、名前の変更(改名)をしたいのであれば自分の住所地の管轄の家庭裁判所へ申立ての準備をし、準備が整い次第申立てをする。

参考記事

FTMが男性ホルモン注射を打つには性同一性障害の診断書は必要?

FTM(性同一性障害)の男性ホルモン注射投与による副作用とは

男性ホルモン注射を打つ間隔と値段

男性ホルモン注射でどれくらい顔が変化するか

男性ホルモン注射を打ち続けることで寿命は縮まるのかが心配で・・・

性同一性障害の方の名の変更(改名)手続きについて

 

  • 男性ホルモン注射を打つことで、外見に変化が表れるので、職場へのカミングアウト、もしくは転職をする人は仕事を探す。

参考記事

FTM(性同一性障害)の就職・転職活動について

性同一性障害(FTM)の就職・転職での履歴書の書き方

FTM(性同一性障害)が働きやすい就職先とは?

 

  • 乳腺摘出手術、性別適合手術を希望するのであれば、手術にかかる費用の工面を開始して、都合のいいタイミングで手術をする。また、タイ(海外)での乳腺摘出手術や性別適合手術をする場合は海外旅行保険にも加入する。

参考記事

タイでの性別適合手術(SRS)へ向けて準備するものと持ち物

FTM(性同一性障害)が性別適合手術(SRS)を受けた後の仕事復帰までの期間

FTMのあなたに合ったタイでの性別適合手術の後悔しない進め方

FTMが性別適合手術(SRS)でローンは組めるの?

FTMがタイで性別適合手術(SRS)する時の費用

 

  • 性別適合手術(SRS)が終わったら、戸籍の性別変更の申立て準備をし、準備が整い次第、自分の住所地の管轄の家庭裁判所へ申立てをする。

参考記事:FTM(性同一性障害)の性別の戸籍変更手続きについて

 

まとめ

もしも自分が性同一性障害(FTM)かも、と感じたら、上記のようなことをチェックしてみるといいです。

たくさん当てはまることがあるようなら、もしかしたら性同一性障害(FTM)かもしれませんね。

※上記に書いたことは、あくまでも一例なので、きちんとした診断は精神科でカウンセリングを受けてくださいねー。

性同一性障害(FTM)の診断は、カウンセリングを受けた後に精神科医がしますが、カウンセリングを受診してしまってからでは、性別適合手術(SRS)や乳腺摘出手術を受けた時に、保険給付金の対象にはなりません。

 

性別適合手術(SRS)や乳腺摘出手術などの手術を考えているのであれば、まずは医療保険や生命保険への加入をおすすめします。

性別適合手術(SRS)や乳腺摘出手術に関わらず、医療保険や生命保険はケガや入院した時にとても助かるものなので、加入しておくといいです。

性同一性障害(FTM)の診断書取得のためのカウンセリングや男性ホルモン注射を投与してしまってから、医療保険・生命保険の加入を考える人が非常~~~に多いので、繰り返しますが、

今後、性別適合手術(SRS)SRSや乳腺摘出手術を考えている人は、医療保険・生命保険への加入はカウンセリングへ通院する前に!!!

ですよー(^o^)丿

 

FTMの仲間たち☆彡

 

==========

もう女性として生きるのはウンザリしていませんか?
自分の性別を偽って過ごすことに限界を感じていませんか?
このような方へ向けて相談カウンセリングを行っております。
これからの人生、ありのままのあなたで、堂々とスッキリした気持ちで過ごせるようになりますよ!

==========

LINE@をフォローしていただくと、LINE@の友だち追加してていただいた方へ、僕の実体験を通して、感じた事や思った事をリアルに書いた小冊子をプレゼントしています。

小冊子の詳細はこちらをクリック☆

不定期でFTMの方に役立つ情報やイベントなどの情報も最優先でお届けします。

友だち追加

==========

ご感想、ご質問はこちらへ
ブログや小冊子へのご感想、カウンセリング、ホルモン注射、手術についてなどのご質問がありましたらお気軽にお届けくださいね☆彡

直接のご返信はできませんが、すべて大切に読ませていただいています。

また、頂きましたご感想、ご質問には、LINE@やブログで匿名にてご返信させていただくことがありますのでご了承ください。

email : ftmthreepeace☆gmail.com (☆を@に変えてくださいね)

 

Facebookはこちら 友達申請大歓迎♪
Twitterはこちら フォローしてね☆彡
Instagramはこちら 僕の好きなモノ載せてマス★

 

★フェイスブックに秘密のページを作りました。みんなで楽しく自分らしい生き方をゲットしませんか?

Facebookグループへの登録はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です