性同一性障害(FTM)の就職・転職での履歴書の書き方

こんばんは!ともです(*^-^*)

性同一性障害(FTM)で、就職活動をどのように進めていったらいいのか、お悩みの方が多いように感じています。

特に、男性ホルモン注射を開始する前や性別適合手術がまだ終わっていなく、性別変更がまだの方は、戸籍の性別が「女性」。

でも、女性として就職するのは絶対にイヤーーー!!!

かといって、戸籍の性別が「女性」なので、「男性です!」とは強く言えないところでもありますよね。

僕は、男性ホルモン注射開始前は女性として働いていましたが、それにも限界を感じて、千葉県へ転居(当時)すると同時にホルモン注射を開始したので、ホルモン注射開始後からは戸籍上女性でも「男性」として就職活動をしていました。

 

計画的に就職活動を進める

僕がまだ戸籍上女性だった頃に就職活動をどのように進めていったのかをお伝えしますね!

ファーストカウンセリングが終わった時点で、僕は関東への移住を決めていたので、関東で就職活動をする前にまずは名前の変更をしようと決めていました。(ファーストカウンセリングは地元の青森県弘前市で受診していました。)

僕的に、名前が女性名のままで就職活動をしたくなかったし、企業へいちいち通称名(これから変更したいと思っている名前)で働かせて欲しい、などと説明するのがメンドウだったからです(^-^)

名前の変更をするのには、性同一性障害の診断書が必要になりますので、僕は千葉県へ引越しをしてすぐに、セカンドのカウンセリングの予約を取り、受診しました。

そして、セカンドのカウンセリング3回目の受診後、性同一性障害の診断書をいただけたので、診断書をいただいたその日に家庭裁判所へ行って、名前の変更の申立てをしました。

診断書をいただきに病院を受診する日に合わせて、名前の変更申立てに必要な資料、書類を全部そろえて、そのまま裁判所へ申立てへ行けるように事前に準備しておきました。

申立てしてから2週間後、名前の変更許可の通知が届きました。(名前の変更許可の通知が届くのを待っている間も、ハローワークへ行ったり、インターネットで求人検索はしていました)

 

ですが、戸籍の名前の変更をするのには、市町村役場へ行って名前の変更の届出をする必要があります。

通知が来ただけだと、正式に名前が変更にはならないのですよー。

市町村役場で名前の変更の届出をしてはじめて手続きが終わりになります。

免許証などの身分証明になるようなものも、名前の変更が必要ですが、戸籍謄本が必要だったりしますよね。

なので、市町村役場へ行って、名前の変更の届出をすることで、はじめて戸籍謄本の名前が変更となり、その後にやっと免許証等の名前の変更が出来るようになります。

通勤などで車を使う方や、お仕事そのもので車を使う方もいらっしゃると思います。

日常的に車を使う必要のある方は、免許証の名前の変更も必須ですよね。

僕は当時、車は日常的に使う必要はなかったのですが、何かと身分証明になる免許証は早く名前の変更をしておきたかったので、免許証の名前の変更についてもすぐに警察署へ行って変更しました。

僕はここまで計画的に進めて、はじめて就職活動を開始しました。

 

まとめると、

  1. ファーストカウンセリング終了
  2. 関東へ引越し(千葉県)
  3. すぐにセカンドのカウンセリングを受診(事前に予約して)
  4. セカンドのカウンセリング3回目の受診の後、性同一性障害の診断書をいただく
  5. 診断書をいただいたその日に家庭裁判所へ行き、名前の変更の申立て手続き(事前に申立てに必要な資料、書類をそろえておく)
  6. 申立てから2週間後、名前の変更許可☆彡
  7. 市役所へ行き、名前の変更の届出(即日変更になります)
  8. 変更された名前の戸籍謄本をもらって、警察署で免許証の名前の変更
  9. 就職活動開始

 

といった流れです。

 

to-do-listのイメージ画像

履歴書で名前と性別欄はどう書くか?

就職活動に必要なものは、まず履歴書。

最近では職務経歴書の提出を求める企業も多いですね。

性同一性障害(FTM)の方にとって、履歴書を書くときに悩むところが「名前」と「性別欄」ではないでしょうか。

僕の場合、就職活動を開始する前に、名前の変更は済ませていたので、この部分については悩まずにクリア出来ました。

さきほども書きましたが、逆に言うと、名前を女性名で書きたくなかったから、就職活動の前に名前の変更は済ませたのです(^-^)

なので、可能であれば、就職活動前に名前の変更を先に終わらせておくと、就職先に説明しなくてもいいのでラクです。

でも、タイミングが合わずに、今の女性の名前のままで就職活動を進める必要がある場合は、自分の戸籍上の名前ですので、そのまま女性名を書けばいいと思います。(イヤかもしれないけどw)

 

僕が当時就職した会社は、履歴書と職務経歴書を直接会社へ持参してください、とのことだったので、性同一性障害であることは履歴書にも書きましたが、面接へ行く前にハローワークの方から会社の方へ伝えていただいた上で面接させていただきました。

 

詳しくは

「FTM(性同一性障害)の就職・転職活動について」

を読んでね♪

 

そして、履歴書の「本人希望欄」に、

  • 性同一性障害であること。
  • 戸籍上は女性だけど、男性として働きたいこと。
  • 名前も通称名(変更したい名前)を使いたいこと。

を記入して提出すればいいですよ。

履歴書のイメージ画像

もし、本人希望欄のスペースに、上記のことを書ききれない場合は、「別紙をご覧ください。」と書いて、別の用紙に上記のことを書いて提出すればOKです。

性別欄については、男にも女にも○をせずにそのまま提出すればいいと思います。

僕の場合は、性別変更前に就職活動した時は、男にも女にも○をつけずに提出しました。

女性に○はつけたくなかったのでーw

あ、履歴書に貼る写真は、メンズスーツにネクタイ姿で撮りました(^-^)

 

まとめ

名前や性別欄の記入については、女性名を書きたくなかったり、女性に○をつけたくない気持ちもすごーーーくよくわかります。

だって、男なのに女性としてなんて働けなーい!ですよね!

男性として、少しでも望むカタチで就職・転職するための参考になればうれしいです ♪

僕も戸籍上女性の時に、男性として就職出来たので、絶対に大丈夫!

あせらず、自信を持って就職活動を進めていってくださいね\(^o^)/

 

==========

もう女性として生きるのはウンザリしていませんか?
自分の性別を偽って過ごすことに限界を感じていませんか?
このような方へ向けて相談カウンセリングを行っております。
これからの人生、ありのままのあなたで、堂々とスッキリした気持ちで過ごせるようになりますよ!

==========

LINE@をフォローしていただくと、LINE@の友だち追加してていただいた方へ、僕の実体験を通して、感じた事や思った事をリアルに書いた小冊子をプレゼントしています。

小冊子の詳細はこちらをクリック☆

不定期でFTMの方に役立つ情報やイベントなどの情報も最優先でお届けします。

友だち追加

==========

ご感想、ご質問はこちらへ
ブログや小冊子へのご感想、カウンセリング、ホルモン注射、手術についてなどのご質問がありましたらお気軽にお届けくださいね☆彡

直接のご返信はできませんが、すべて大切に読ませていただいています。

また、頂きましたご感想、ご質問には、LINE@やブログで匿名にてご返信させていただくことがありますのでご了承ください。

email : ftmthreepeace☆gmail.com (☆を@に変えてくださいね)

 

Facebookはこちら 友達申請大歓迎♪
Twitterはこちら フォローしてね☆彡
Instagramはこちら 僕の好きなモノ載せてマス★

 

★フェイスブックに秘密のページを作りました。みんなで楽しく自分らしい生き方をゲットしませんか?

Facebookグループへの登録はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です