性同一性障害(FTM)であることを就職先へカミングアウトする方法

こんばんは!ともです(*^-^*)

カミングアウトシリーズ第2弾☆彡 性同一性障害(FTM)である、ということを就職先へカミングアウトする方法です(^o^)丿

第1弾はこちらをクリック♪

↓↓↓

 

さて、親や家族へのカミングアウトも避けては通れないことですが、就職先へのカミングアウトも絶対にしなければならないわけではないですが、性同一性障害(FTM)であることをカミングアウトした方が、ラクに過ごせるように感じます。

現時点で性別変更が済んでしまっている場合は、<元々女性で生まれて来た>とわざわざカミングアウトをする必要もないとは思いますが、戸籍の性別が<女性>の場合、特に男性ホルモン注射を開始している人は、見た目(男性)と戸籍上の性別(女性)の差が大きいので、カミングアウトする必要がある場合もあります。

アルバイトであれば、アルバイト先に年金手帳の提出がないので、性同一性障害(FTM)であることをカミングアウトしなくても、それで自分が気持ちよく働けるのであればそれでいいと思います。

でも、正社員、派遣社員など、会社へ年金手帳の提出が必要な場合、年金手帳には性別の記載がされているので、実は戸籍の性別は女性である、ということを黙っていてもバレますw

後でバレて気まずくなるよりも、最初から正直に性同一性障害(FTM)である、と話して気持ちよく働いた方が、隠し事がないので仕事のパフォーマンスのアップしますし、何より堂々とありのままの自分で働けると僕は感じています。

 

僕が就職する時に性同一性障害(FTM)であることをカミングアウトした方法

僕は男性ホルモン注射を開始する直前に、関東で就職するために引越しして来ました。

これから男性ホルモン注射を開始する訳ですから、就職活動をするにあたり、面接の時にカミングアウトしようと思っていました。

僕は正社員での就職を希望していたので、面接で最初から性同一性障害(FTM)であることをカミングアウトをして、ゆくゆくは性別適合手術(SRS)も受けるつもりであることも伝えることを決めていました。

最初から性同一性障害(FTM)であること、男性ホルモン注射をしていること、性別適合手術(SRS)をするつもりであることを伝えておけば、気兼ねなく働けるからです(^^)v

 

ハローワークで求人の紹介をしてもらう時も、ハローワークの担当の方に、最初から「自分は性同一性障害(FTM)で、これから男性ホルモン注射を開始していく」という事を伝えました。

僕は男性ホルモン注射3本目くらいで就職活動を開始しました。

少~し声が低くなって来たかなー程度の頃です。

面接を申し込む時も、ハローワークの方に、最初から職場の方に僕が性同一性障害(FTM)である、という事を伝えていただきました。

その方が、僕が楽に面接に挑めると思ったので (^-^)/

面接を受ける時に初めて性同一性障害(FTM)であることをカミングアウトしようとすると、どんな風にカミングアウトのことを切り出そうか、どんな風に性同一性障害(FTM)だということを伝えたらいいか、うまく伝えられるだろうか・・・ということが気になって、満足出来る面接にならない気がしたので・・・。

planイメージ画像

最初から性同一性障害(FTM)であることを伝えた上で面接に行くと、会社側からほぼ100%の確率で性同一性障害(FTM)の話題に触れてくるので、あとは聞かれた事に答えればいいだけですね。

あれこれ自分でカミングアウトのことを考えなくてもいいし、心配しなくてもいいんです☆

ああ、楽チン楽チン♪γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ

 

カミングアウトが不安になったら・・・

性同一性障害(FTM)であること言ったら不採用になるんじゃないか、変な目で見られないか、と悩むかもしれませんが、

でもねーーーーーー、

ハッキリ言って、そんな職場はこっちから願い下げ!くらいの勢いで全然いいと思います。

性同一性障害(FTM)を理由に不採用する人達を否定するわけではありません。

人それぞれ、考え方、価値観が違いますので、性同一性障害(FTM)である人を受け入れられないのであれば、僕たちもその職場では気持ちよく、ありのままの自分で働くことが出来ないということ。

そういう職場で働きたいですか?

・・・ありのままの自分で働けない職場で働きたくないですよねw

なので、性同一性障害(FTM)の理解がない会社はサヨウナラ~~~でOKです☆

 

ただ、性同一性障害(FTM)であることを理解をしてくれる人達もたくさんいる、という事。

今は時代の流れとともに、理解をしてくれる人達の方が多いと僕は感じます。

僕も最初は性同一性障害(FTM)であることをカミングアウトして就職活動をするのに不安はありましたが、カミングアウトしちゃうと、意外とサラリと理解してくれる方が多いのでね~。

 

職場の仲間イメージ画像

 

在職中に性同一性障害(FTM)であることをカミングアウトする場合

今の職場で働いていたいけど、やっぱり<女性>のまま働き続けるのはしんどくなってきた・・・。性同一性障害(FTM)であることをカミングアウトして男性としてありのままの自分で働きたい!!!

こう思ったら、まずは直属の上司へありのままの気持ちを伝えたらいいと思います。

親や家族へのカミングアウトと同様で、いきなり伝えづらかったら、まずは手紙やメールで

「どうしてもお伝えしたいことがあり、そのことで相談したいことがあるのでお時間いただけないでしょうか?」

とワンクッション置いたあとで、直接性同一性障害(FTM)であることを伝えたらいいですよ。

あなたのことを必要とし、ひとりの人間として見てくれる会社であれば、性同一性障害(FTM)であっても、全く問題なく理解してくれるはずです。

そして、あなたの男性として生きる道を応援してくれるはずです。

もし、性同一性障害(FTM)であることをカミングアウトした時点で、理解をしてくれなかったり、否定された場合は、いさぎよく転職をおすすめします。

上記にも書きましたが、理解してくれない会社で長く働こうと思いますか?

その会社だけが<職場>ではないし、性同一性障害(FTM)であることを理解してくれる人もたくさんいますし、男性として堂々と働いている人もたくさんいます☆

だから、理解してくれない会社でムリして働き続ける必要はないんだYO(^^)v

 

まとめ

僕がおすすめのカミングアウトの方法は、就職をエントリー時点で性同一性障害(FTM)であることをカミングアウトすることです。

エントリーする時点でカミングアウトすれば、その時点で性同一性障害(FTM)であることに対して、理解がある会社なのか、そうでない会社なのかがわかるからです。

性同一性障害(FTM)に対して理解があるのであれば、そのまま書類選考、面接へと進むでしょうし、理解がなければわざわざその会社へ時間を費やす必要がないので効率的に就職活動が出来ます☆彡

在職中に性同一性障害(FTM)であることをカミングアウトする場合は、自分の伝えやすい方法でOK。

理解がある上司、会社であれば、絶対にこれから男として生きるあなたのチカラになってくれるハズですよ(^_-)-☆

 

 

 

スリーピースでは、FTMがタイで性別適合手術を受けるためのすべてをお手伝いをしています☆

 

 

カウンセリング、ホルモン注射、手術についてなど
ご質問やご相談がありましたらお気軽にご連絡くださいね☆彡
email : ftmthreepeace☆gmail.com (☆を@に変えてお送りください)
Facebook : https://www.facebook.com/tomogooyama  友達申請大歓迎♪
Twitter : tomogooyama フォローしてね☆彡

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です