性同一性障害(FTM)であることをカミングアウト出来ない時は・・・

こんばんは!ともです(*^-^*)

僕は、性同一性障害(FTM)であることを、カミングアウトすることには賛成派です。

それは、性同一性障害(FTM)だとカミングアウトすることで、<女性のふり>をしなくてもよくなるし、堂々とありのままの姿である<男>として過ごせるようになるからです。

でも、あなたが今置かれている状況や環境が、どうしてもカミングアウトしにくいのであれば、無理して性同一性障害(FTM)であることをカミングアウトする必要はないのです。

無理に性同一性障害(FTM)だとカミングアウトしようとすると・・・

「カミングアウトしなきゃ!」

と、気持ちだけが焦ってしまい、かえってカミングアウトすることがストレスになってしまいます。

あなたが「今だ!カミングアウトしよう!」と思った時でいいのです。

カミングアウトも、タイミングがあるのです。

どちらにするイメージ画像

カミングアウトするタイミングが来た時は、速やかに波に乗ってカミングアウトすればいいのです♪

今のあなたの状況、環境で、あなたが少しでもラクに過ごせる方法を選んで大丈夫ですよ(^-^)/

 

カミングアウトは自分がラクになるためにするもの

「これからはわかってもらうためのカミングアウトではなく、自分がラクになるためのカミングアウトをします\(^o^)/」

以前、僕にカミングアウトが出来ずにお悩みでご相談くださった方が、こんなふうに、とても素晴らしいことに気づかれました♪

これまでは、

「周りにわかってもらうためにカミングアウトしなきゃ・・・。」

こんなふうに感じながら、性同一性障害(FTM)であることを周囲にカミングアウトして来たそうです。

その結果、周りに理解してもらおうという想いが優先になってしまい、自分の想いがきちんと伝えきれなかったりして、結局は女性扱いされたまま・・・。

このような状況になっていたそうです。

確かに、周りの方に理解してもらうことも大切なのですが、何よりまずは
<自分がラクにシアワセになるためのカミングアウトである>
ということ。

カミングアウトは、自分らしく生きるため、ありのままの姿で生きるために、そして、自分がラクに生きるためにするものだと僕は感じています。

もちろん、家族、友達、場合によっては職場、学校など、カミングアウトをした方がありのままの自分で過ごせるので、ラクになる場合もあります。

ですが、
<性同一性障害(FTM)だとわかってもらうためのカミングアウト>
が前提だと、
<わかってもらうため>ということに、振り回されてしまいます(*_*)

<わかってもらうこと>が前提のカミングアウトだと、わかってもらえるまで、ラクになれることも、シアワセを感じることも出来ないのです。。。

カミングアウトする動機として、「周りにわかってもらうこと」が前提なのではなく、

<自分がラクにシアワセに楽しく生きるため>

このことが前提であることがとっても大切かな、と思います(^-^)

 

enjoyのイメージ画像

 

スリーピースでは、FTMがタイで性別適合手術を受けるためのすべてをお手伝いをしています☆

カウンセリング、ホルモン注射、手術についてなど
ご質問やご相談がありましたらお気軽にご連絡くださいね☆彡
email : ftmthreepeace☆gmail.com (☆を@に変えてお送りください)
Facebook : https://www.facebook.com/tomogooyama  友達申請大歓迎♪
Twitter : tomogooyama フォローしてね☆彡

 

 

 
==========

フェイスブックに秘密のページを作りました。みんなで楽しく自分らしい生き方をゲットしませんか?

Facebookグループへの登録はこちらをクリック

 

==========

LINE@をフォローしていただくと、僕と1対1で会話出来ます☆

不定期でFTMの方に役立つ情報やイベントなどの情報も最優先でお届けします。

ご質問等あれば、こちらからでもお気軽にどうぞ(^^)

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です