性同一性障害の方の名の変更(改名)手続きについて

こんばんは!ともです(*^-^*)

僕は、2008年7月16日、家庭裁判所へ名の変更手続き(改名)の申し立てに行きました。

名の変更手続き(改名)の申立ては、お住まいの地域の管轄家庭裁判所へ必要な書類をそろえて申立てをします。

僕の体験談を交えながら、名の変更手続き(改名)について詳しくご紹介しますね☆

 

名の変更手続き(改名)に必要なもの

名の変更手続き(改名)の申し立てに必要なものは、

  • 戸籍謄本(全部事項証明書)
  • 申請書(裁判所のHP からダウンロード出来ます。)
  • 変更しようとする名前の使用実績(郵便物、ポイントカードなど。コピーでOK。)
  • 精神科医による診断書
  • 収入印紙 800円分
  • 切手 80円×3枚 240円分(余った切手は返却されます。)

になります。

僕の場合、戸籍謄本は、本籍地のある弘前市から取り寄せました。

取り寄せるには、取り寄せたい市町村のHPを見るか、直接問い合わせるといいです。

収入印紙、切手は、申立てをする裁判所で直接購入出来たので、裁判所の売店で買いました。

各裁判所で購入出来る物も違いますので、詳しい事は申立てをする裁判所に問い合わせしたほうがいいです。

 

名の変更手続き(改名)の申請をしたら・・・

名の変更手続き(改名)の申請をし、事務官と色々話をしました。

ほとんど、申請書の「申請理由」に書いてある事を聞かれるので、そんなに構えて行かなくても大丈夫だと思います。

また、申請をしに行く時の服装についてですが、僕は普段着で行きました。

よく、ネットで見かけるのですが、スーツを着ていったという方もいらっしゃるようです。

そこは個人の自由なので、スーツで行きたい方はスーツでもいいと思いますが、そこまでしなくてもいいかな、と僕は感じています。(^-^)

服装は自由ですが、裁判所へ行くわけですから、あまりにも奇抜は服装ではいかない方がいいかな、と思います。

 

 

名の変更(改名)許可後の流れについて

changeするイメージ写真

申請から約2週間後、名の変更許可の通知が届きました!

本籍地に住んでない場合は、裁判所へ申し立てする時に、事前に戸籍謄本を2通取り寄せておくと、名前の変更許可の通知が届いたらすぐにお住まいの市役所や免許センターに行って名前の変更が出来ますよー。

戸籍謄本も、取り寄せるのに1週間くらい時間がかかりますから、早く戸籍や免許証の名前の変更をしたい場合は、事前に本籍地から戸籍謄本を取り寄せておくといいです。

届け出は、住所のある市町村役場か、本籍地のある市町村役場で可能です。

僕のように、本籍地と現在の住所が違う場合、本籍地のある市町村役場から戸籍謄本を取り寄せて、現在住んでる市町村役場での届け出でも可能です。

名の変更の届け出には、定額小為替が必要だと思うので、(弘前市役所では必要でした)いくら分なのか、市町村役場に問い合わせてくださいね。

で、市役所に行く時に必要だったものは、

  • 裁判所から届いた改名許可の謄本(コピーじゃダメよ~w)
  • 印鑑

です。

他の年金手帳や、住民票、国保の手続きは現住地の市役所で手続きする事になります。

本籍地と現在住んでる住所が同一市町村の場合は一度に手続きが可能です。

僕はこの時、フリーターでしたので、社保の場合の手続きは詳しくわからないのですが、おそらくお勤め先の事務の方に申し出たら処理してくれるのではないかと思います。

名前変更後の戸籍謄本も、免許証や通帳、その他色々と変更するのに使うので多めにもらっておいた方がいいです。

ちなみに僕は3通もらっておきました。

 

名の変更手続き(改名)の申請をする時に気を付けたいこと

名前の変更(改名)をする時に気を付けていただきたい事があります。

それは、時間(日にち)の余裕を持って裁判所に申立てをすることです。

余裕を持って申立てをする事で、変更した名前を使う時にスムーズな流れで使う事が出来ます。

裁判所に名前の変更(改名)の申し立てをし、裁判所から名前の変更の許可が出るまで、約2週間~1ヶ月ほどかかります。
(申立てをする裁判所で許可される日数は異なります。)

裁判所から名前の変更許可が出たら、市町村役場へ行き、裁判所から名前の変更の許可が出た旨の書面を提出する必要があります。

市町村役場に提出してから、戸籍謄本に反映されるまで、少し時間がかかるのです。
(反映されるまでの日数は市町村役場によって異なります。)

例えば、免許証や通帳など、名前の変更をする時には、戸籍謄本が必要ですので、戸籍謄本に変更した名前が反映されるまでは、裁判所から変更許可が出ていても、免許証や通帳の名前は変更出来ないのです。

例えば就職や転職をする場合は、給料振込みの為の通帳を会社にお知らせする必要がありますよね。

こうした場合に、変更した名前が戸籍謄本に反映されていなければ、通帳の名前も新しい名前に変更する事が出来ないのですー。

せっかく新しい名前で心機一転!と思っていても、準備が整わないまま面接の日を迎えてしまう。。。という事になってしまいますね。

なので、戸籍謄本に反映される時間も計算に入れて裁判所に申し立てするといいですよ(°∀°)b

余裕を持って申立てをする事で、変更した名前を使う時にスムーズな流れで使う事が出来ます。

 

名の変更手続き(改名)の際の使用実績の作り方

名の変更手続き(改名)をする時には、変更したい名前(通称名)の使用実績が必要になります。

例えば、

  • スーパーなどのポイントカード
  • 変更したい名前が書かれてある手紙やはがき
  • 公共料金の領収書

などなど、あなたが変更したいと思っている名前が書かれてあるものが必要です。

出来れば、日付が入ったものだといいですね。

日付が入っていると、その日付の時には通称名を使っている、ということを証明出来ますので♪

僕も名前の変更をする時は、上記に書かれてあるものを集めました。

本を買った時など、わざわざ領収書を発行してもらい、「智」の名前で書いてもらったり・・・(^^)

友達に、わざわざはがきや手紙を「智」の名前で書いてもらったり・・・(^^)/

友達にはホント、感謝です(*^_^*)

ポイントカードに関しては、身分証明書の提示が必要ないものだと、通称名で作れます(^^)/

洋服屋さんのポイントカードなんかは、通称名でオッケーですね(*^_^*)

身分証明書の提示が必要なカード(レンタル店のカードなど)だと、本名でないと作れないですのでご注意を~。

名前の変更を考えている方は、今からコツコツと使用実績集めをしておくと、申立ての時にスムーズです(*^^)v

 

まとめ

  • 名の変更手続き(改名)に必要なもの
  • 名の変更手続き(改名)の申請をしたら・・・
  • 名の変更(改名)許可後の流れについて
  • 名の変更手続き(改名)の申請をする時に気を付けたいこと
  • 名の変更手続き(改名)の際の使用実績の作り方

について、僕の体験談も交えてご紹介しました。

申立てする際には、必要書類をお忘れなく☆彡

 
==========

もう女性として生きるのはウンザリしていませんか?
自分の性別を偽って過ごすことに限界を感じていませんか?
このような方へ向けて相談カウンセリングを行っております。
これからの人生、ありのままのあなたで、堂々とスッキリした気持ちで過ごせるようになりますよ!

==========

LINE@をフォローしていただくと、LINE@の友だち追加してていただいた方へ、僕の実体験を通して、感じた事や思った事をリアルに書いた小冊子をプレゼントしています。

小冊子の詳細はこちらをクリック☆

不定期でFTMの方に役立つ情報やイベントなどの情報も最優先でお届けします。

友だち追加

==========

ご感想、ご質問はこちらへ
ブログや小冊子へのご感想、カウンセリング、ホルモン注射、手術についてなどのご質問がありましたらお気軽にお届けくださいね☆彡

直接のご返信はできませんが、すべて大切に読ませていただいています。

また、頂きましたご感想、ご質問には、LINE@やブログで匿名にてご返信させていただくことがありますのでご了承ください。

email : ftmthreepeace☆gmail.com (☆を@に変えてくださいね)

 

Facebookはこちら 友達申請大歓迎♪
Twitterはこちら フォローしてね☆彡
Instagramはこちら 僕の好きなモノ載せてマス★

 

★フェイスブックに秘密のページを作りました。みんなで楽しく自分らしい生き方をゲットしませんか?

Facebookグループへの登録はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です